下取りよりもバイク買取の方がお得

バイクの新車を購入するときに、それまで乗っていたバイクを今後使わないのであれば処分をする必要があります。そして、まだ乗れる状態であるのであれば、捨てるのではなく売ることを考えるのが普通です。捨てるのには処分費用が掛かりますが、売るのであればむしろお金になるからです。

そして、バイクを売る方法には下取りと買取があります。

下取りは、新車を購入する際に、その販売店に引き取ってもらう方法です。買取は、そうではなく、バイク買取業者に売る方法です。

posh関連情報サイトです。

いずれにもメリットは有りますが、高く売りたいのであれば、バイク買取業者を利用したほうがお得です。

その理由は、下取りをするディーラーは、オークションに買取をしたバイクを流す方が多いので、オークションでの落札額と自社の利益を考慮すると、買取額は下がってしまうからです。

その点、バイク買取業者で自社の販売網を持っているお店ならば、そのような中間マージンが一つしか発生しないため、買取価格は低くなります。
ただし、下取りには下取りのメリットがあります。
それは、バイクの引き取りをディーラーが行ってくれるので、ちょうど新車と入れ替えで引き取りをしてもらえるという点です。

バイク買取業者を利用する場合、引き取りはしてもらうことができますが、それが同時というわけにはいきません。

産経ニュースの最新情報が揃っています。

つまり、タイムラグが生じるため、処分のための時間が多少かかってしまいます。

以上から、自分が重視したいポイントで選ぶのが良いでしょう。